アイピル 1錠

10,000円以上お買上げで送料(1,000円)無料!2箱・3箱の方がお買い得です!
 
タイトル 定価→特別価格 在庫状態 数量 単位  
アイピル1.5mg 1錠 ¥2,381 → ¥ 1,984
在庫有り 1錠
アイピル1.5mg 1錠x2 ¥4,762 → ¥3,768
在庫有り 2錠
アイピル1.5mg 1錠x3 ¥7,143 → ¥5,452
在庫有り 3錠

関連するジェネリック・医薬品一覧

アイピル(ノルレボジェネリック)の効能・効果時間

アイピル(ノルレボジェネリック)は、避妊に失敗した後から妊娠を阻止するためのお薬=アフターピル(緊急避妊薬)です。

アイピルは、緊急避妊薬としてクリニックで処方されるノルレボと全く同じ成分を配合するジェネリック医薬品です。

お薬の価格を抑えながら、ノルレボと同等の効果が期待できます。

アイピル(ノルレボジェネリック)の有効成分レボノルゲストレルは、プロゲステロンという黄体ホルモン剤です。

避妊に失敗した72時間以内に服用することにより排卵を抑制し、着床のタイミングとずらすことで妊娠を阻止します。

アイピル(ノルレボジェネリック)は、常備いただくことで女性を望まない妊娠から守る、低価格のお薬です。

アイピル(ノルレボジェネリック)の使用方法・飲み方

アイピル(ノルレボジェネリック)は避妊に失敗した性行為後、72時間以内に1錠を水もしくはぬるま湯で服用してください。

アイピル(ノルレボジェネリック)は、24時間以内であればより避妊率が高くなるとされています。

なるべく早く服用されることをおすすめ致します。

アイピル(ノルレボジェネリック)のご使用に際しては、お薬の添付文書等を参照いただいた上で、かならず正しい使用方法を守ってご使用ください。

アイピル(ノルレボジェネリック)の副作用・注意点

副作用

アイピル(ノルレボジェネリック)の副作用としては、吐き気、嘔吐、下腹部の痛み、頭痛、めまい、倦怠感(だるさ)などが報告されています。

気になる症状が長く続く場合はすみやかに医師にご相談ください。

また、アイピル(ノルレボジェネリック)の服用後、 早い人で数日、遅くても3週間以内に消退出血といわれる出血が起こります。

子宮内膜がはがれることによる出血で、これが避妊が成功したサインとなります。

消退出血は通常の生理時の出血よりも多量であることがほとんどですが、症状が重篤な場合はかならず医師にご相談ください。

併用禁止薬

アイピル(ノルレボジェネリック)には、飲み合わせの悪いお薬=併用禁止薬があります。

市販薬はほとんどが併用禁止ではありませんが、とくに抗生物質や向精神薬を服用している方、ほかにお薬を服用している方はかならず事前にかかりつけの医師にご相談ください。

またアイピル(ノルレボジェネリック)は、妊娠中の方はご使用をお控えください。

10,000円以上お買上げで送料(1,000円)無料!2箱・3箱の方がお買い得です!
 
タイトル 定価→特別価格 在庫状態 数量 単位  
アイピル1.5mg 1錠 ¥2,381 → ¥1,984
在庫有り 1錠
アイピル1.5mg 1錠x2 ¥4,762 → ¥3,768
在庫有り 2錠
アイピル1.5mg 1錠x3 ¥7,143 → ¥5,452
在庫有り 3錠

関連するジェネリック・医薬品一覧

お客様のレビュー(口コミ・ご意見)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です