フェミロン 21錠

10,000円以上お買上げで送料(1,000円)無料!2箱・3箱の方がお買い得です!
 
タイトル 定価→特別価格 在庫状態 数量 単位  
フェミロン 21錠 ¥4,058 → ¥ 3,381
売切れ 21錠 売切れ
フェミロン 21錠x2 ¥8,116 → ¥6,562
売切れ 42錠 売切れ
フェミロン 21錠x3 ¥12,174 → ¥9,643
売切れ 63錠 売切れ

関連するジェネリック・医薬品一覧

フェミロン(マーベロンジェネリック)の効能・効果時間

フェミロン(マーベロンジェネリック)は、避妊のための女性用低用量ピル(OC)です。

日本のクリニックで処方される事の多いマーベロンと同一の有効成分を配合した、マーベロンのジェネリック医薬品です。

フェミロン(マーベロンジェネリック)は、低容量ピルの中でも最もホルモン量が少なく配合されており、初めてピルを服用される方にもおすすめのお薬です。

これまでの低容量ピルで副作用が出た方は、ぜひフェミロン(マーベロンジェネリック)をお試しください。

低用量ピルには、避妊効果だけでなく、生理中の重い症状を和らげてくれたり、ホルモンバランスを整えて肌荒れを改善するなどの効果もあります。

女性ホルモンの乱れからくる症状にお悩みの場合は、ぜひフェミロン(マーベロンジェネリック)の服用を考えてみてください。

フェミロン(マーベロンジェネリック)の使用方法・飲み方

フェミロン(マーベロンジェネリック)は、月経初日から毎日1錠ずつ服用して下さい。

毎日服用するタイミングを同一にする事で、避妊効果を高めることができます(飲み忘れ防止にもなります)。

フェミロン(マーベロンジェネリック)は3週間毎日服用して、1週間休薬します。

休薬期間が終わったら、29日目からまた同じように毎日飲み始めます。

途中で服用し忘れてしまった場合は、24時間以内であればすぐに服用することができます。

24時間を過ぎてしまった場合は、服用を中止して翌月の月経初日から新たに服用を始めてください。

ご使用に際してはお薬の添付文書等をご参照の上、正しい使用方法を守ってご使用ください。

フェミロン(マーベロンジェネリック)の副作用・注意点

副作用

フェミロン(マーベロンジェネリック)の副作用としては、吐き気やむくみ、下腹部の張り、不正出血などが報告されています。

症状が特に重篤な場合はすみやかに医師にご相談ください。

併用禁止薬

フェミロン(マーベロンジェネリック)の成分(低容量ピルの成分)と飲み合わせの悪いお薬=併用禁止薬があります。

副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)や抗うつ薬の作用を増強することがあるため、併用する場合はかならずかかりつけの医師にご相談ください。

てんかん薬(抗けいれん薬)や抗アレルギー薬は、低容量ピルの効果を弱める可能性があるのでご注意ください。

喫煙される方や、サプリメントとの併用にも注意が必要です。

ほかにお薬やサプリメントを服用している場合や、気になる点がある場合にはかならず事前に医師等の専門家にご相談ください。

10,000円以上お買上げで送料(1,000円)無料!2箱・3箱の方がお買い得です!
 
タイトル 定価→特別価格 在庫状態 数量 単位  
フェミロン 21錠 ¥4,058 → ¥3,381
売切れ 21錠 売切れ
フェミロン 21錠x2 ¥8,116 → ¥6,562
売切れ 42錠 売切れ
フェミロン 21錠x3 ¥12,174 → ¥9,643
売切れ 63錠 売切れ

関連するジェネリック・医薬品一覧

お客様のレビュー(口コミ・ご意見)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です